当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

GOKUMINとトゥルースリーパーのマットレスの違いは6つあった!徹底比較

寝具

GOKUMINマットレス三つ折りタイプとトゥルースリーパーのマットレスの違いを比較して、徹底解説します♪

GOKUMINとトゥルースリーパープレミアリッチのマットレスの違いを比較したところ、以下の6つでした。

  • ウレタンがやや硬めか低反発か
  • 復元率
  • 保証内容
  • 厚み
  • 付属品
  • サイズ・重さ

どちらも2層構造のマットレスです。

大きく違うのは、「GOKUMINはやや硬め、トゥルースリーパーは柔らかめ」という点です。

本文にて詳しくお話ししますね♪

▼GOKUMINマットレス三つ折りタイプ10cmはこちら

>>>GOKUMINマットレス三つ折りタイプの口コミや詳しい機能はこの記事でご紹介しています

▼トゥルースリーパープレミアリッチ(マットレス、掛け布団、ピローのセット)はこちら

>>>トゥルースリーパープレミアリッチの口コミや詳しい機能についてはこの記事でご紹介しています

GOKUMINとトゥルースリーパーマットレスの違いを比較

GOKUMINとトゥルースリーパーマットレスの違いを比較したところ、以下の6点でした。

  • ウレタンがやや硬めか低反発か
  • 復元率
  • 保証内容
  • 厚み
  • 付属品
  • サイズ・重さ

それぞれの違いを詳しくご紹介しますね。

ウレタンがやや硬めか低反発か

  • やや硬め高反発のウレタン:GOKUMIN
  • 柔らかめ低反発のウレタン:トゥルースリーパー

GOKUMINマットレスの三つ折りタイプは、

  • 硬めの250Nプロファイル面/5cm
  • やや硬め180Nフラット面/5cm

2層構造です。

どちらも硬めの素材ですが、ご自身で好きな硬さを上にできます^^

身体に最適な硬さなので、安定感抜群。

適度な反発力で、体の沈み込みを防ぎ、寝返りも打ちやすいです。

硬めマットレスが好きな方、若年層におすすめです♪

一方、トゥルースリーパーのプレミアマットレスは上の層が低反発79N、下の層が高反発83Nと、柔らかめの2層構造になっています。

上の層は、独自の低反発素材である、「ウルトラヴィスコエラスティック」と呼ばれるものです。

優れた衝撃吸収性と復元性を備え、体の凸凹に合わせて、自在に変形し、体を優しく包み込むようにフィットします。

そして下の層は、弾力性のある「ハードサポートフォーム」を採用しています。

体全体を下からしっかりと支えてくれる2層構造で、さらに優れた体圧分散性を実現しています。

柔らかめが好きな方、腰や肩に負担がある方、妊婦さんにもおすすめ♪

GOKUMINとトゥルースリーパーのマットレスの最大の違いは「ウレタンが硬めか、柔らかめか」という点かと思います。

復元率

  • GOKUMINマットレス:99.1%
  • トゥルースリーパー:95%

GOKUMINマットレスの方が、復元率が高いです。

やはり、復元率が高い方が耐久性もあるので、寿命が長いのは、GOKUMINマットレスの方です。

ちなみに寿命は、GOKUMINは8~10年程度、トゥルースリーパープレミアリッチは3~5年程度だと言われています。

GOKUMINの方が2倍ほど長持ちすることが期待されます^^

保証内容

  • GOKUMIN:品質保証(1年、レビュー投稿で18ヶ月)
  • トゥルースリーパー:品質保証(1年)、返品保証(60日間)

GOKUMINは返品保証がありませんが、トゥルースリーパーは、60日以内であれば、返品保証付きです。

トゥルースリーパープレミアリッチの品質保証条件は、保証期間中に素材の劣化により、深さ2cm以上の明瞭な凹みが復元しない場合に適用され、無償交換できます。

マットレスの種類によっても保証内容は変わってきますので、

確認してみてくださいね★

ちなみに、GOKUMINポケットコイルマットレス保証期間が8年とかなり長いので、ぜひ覗いてみてください♪

ポケットコイル使用で、こちらも高反発のふかふかマットベッドが味わえますよ♪

こちらも、経済的でGOKUMIN人気商品です。

▼GOKUMINポケットコイルマットレス★極厚20cm

厚み

  • GOKUMINマットレス三つ折りタイプ:10cm
  • トゥルースリーパープレミアリッチ:5cm

今回比較対象となったのは、GOKUMIN三つ折りタイプのマットレスと、トゥルースリーパープレミアリッチで、厚みは5cm差があります。

ですが、GOKUMINもトゥルースリーパーも、他に多数のマットレスがあります。

GOKUMINはポケットコイルマットレス(厚さ24cm)のもの、厚さ4cmのマットレスなど、本当にピンキリです。

トゥルースリーパーは、

  • プレミアケア:1層
  • プレミアメルティスト:3層
  • プレミアベッドマットレス:5層

です。厚さが好きな方、薄い方が好きな方がお好みで選べます。

▼トゥルースリーパープレミアケアはこちら

▼トゥルースリーパープレミアメルティスト

▼トゥルースリーパープレミアベッドマットレス

▼GOKUMIN折りたたみマットレス厚さ4cmはこちら

▼GOKUMINポケットコイルマットレス★極厚20cm

付属品

  • GOKUMIN:取扱説明書、Q&A冊子、高級化粧箱
  • トゥルースリーパー:ネックフィットピロー、掛け布団、取扱説明書

トゥルースリーパーは、マットレスを購入すると、枕とかけ布団の一式セットがついてきます!

これは一人暮らしを始める人にはありがたいかも!

ネックフィットピロー、掛け布団、マットレス

それぞれ2つずつ付いているセットもあるんだよ!

▼トゥルースリーパープレミアリッチ(マットレス、掛け布団、ピローの2枚セット)はこちら

GOKUMINは高級化粧箱もついてくるから、

贈り物にもピッタリだね!^^

サイズ・重さ

GOKUMINは、

  • セミシングル:約80×195×10cm、5.2kg
  • シングル:約97×195×10cm、6.5kg
  • セミダブル:約120×195×15cm、7.8kg
  • ダブル:約140×195×10cm、9.1kg

トゥルースリーパーは、

  • シングル : 約 厚さ50mmx幅970mmx長さ1950mm、4.4kg
  • セミダブル : 約 厚さ50mmx幅1200mmx長さ1950mm、5.4kg
  • ダブル : 約 厚さ50mmx幅1400mmx長さ1950mm、6.3kg
  • クイーン : 約 厚さ50mmx幅1600mmx長さ1950mm、7.1kg

どちらも4種類ずつですが、大きさの種類が若干違いますね^^

重さは全体的にトゥルースリーパーの方が軽いので、車中泊やキャンプなど、持ち運びには適していますね^^

▼GOKUMINマットレス三つ折りタイプ10cmはこちら

>>>GOKUMINマットレス三つ折りタイプの口コミや詳しい機能はこの記事でご紹介しています

▼トゥルースリーパープレミアリッチ(マットレス、掛け布団、ピローのセット)はこちら

>>>トゥルースリーパープレミアリッチの口コミや詳しい機能についてはこの記事でご紹介しています

GOKUMINとトゥルースリーパーマットレスどっちがおすすめ?

GOKUMINとトゥルースリーパーマットレスの違いを踏まえて、どちらがどんな方におすすめか整理しますね。

GOKUMINマットレスがおすすめな人


  • 硬めマットレスが好きな方
  • 若年層向け
  • 長く使いたい人
  • 返品保証がなくてもOKな人

トゥルースリーパーマットレスがおすすめな人


  • 柔らかめマットレスが好きな方
  • 肩・腰に負担のある方(妊婦さんにも)
  • 車中泊やキャンプなどに持って行きたい
  • 枕・掛け布団・マットレス一式欲しい方

GOKUMINとトゥルースリーパーは、どちらも二層構造のマットレスです。

最大の違いは、「GOKUMINはやや硬め、トゥルースリーパーは柔らかめ」という点です。

GOKUMINは上下の層どちらもやや硬めの250N・180N、トゥルースリーパーは柔らかめの79N・83Nです。

好みは人によって分かれそうですが、GOKUMINはどちらかといえば、若年層向き、トゥルースリーパーは、肩や腰に負担のある人向けかと思います。

▼GOKUMINマットレス三つ折りタイプ10cmはこちら

>>>GOKUMINマットレス三つ折りタイプの口コミや詳しい機能はこの記事でご紹介しています

▼トゥルースリーパープレミアリッチ(マットレス、掛け布団、ピローのセット)はこちら

>>>トゥルースリーパープレミアリッチの口コミや詳しい機能についてはこの記事でご紹介しています

GOKUMINとトゥルースリーパーマットレスの比較表

  • 高反発マットレス、若年層向けのGOKUMIN
  • 低反発マットレス、腰や肩に負担のある方向けのトゥルースリーパー

の違いを表にまとめました^^

種類   GOKUMINマットレス三つ折りタイプトゥルースリーパープレミアリッチ
素材高反発ウレタン

中材:新開発高反発ウレタンフォーム(密度34D、硬さ180N/250N)
カバー表生地:高級ニット生地
(レーヨン30%ポリエステル70%)
カバー裏生地:高級メッシュ生地
本体:ウレタン(79N・83N)
インナーカバー:ポリエステル100%
サイズセミシングル:約80×195×10cm
シングル:約97×195×10cm
セミダブル:約120×195×15cm
ダブル:約140×195×10cm
シングル : 約 厚さ50mmx幅970mmx長さ1950mm
セミダブル : 約 厚さ50mmx幅1200mmx長さ1950mm
ダブル : 約 厚さ50mmx幅1400mmx長さ1950mm
クイーン : 約 厚さ50mmx幅1600mmx長さ1950mm
重量セミシングル:5.2kg
シングル:6.5kg
セミダブル:7.8kg
ダブル:9.1kg
シングル : 4.4kg
セミダブル : 5.4kg
ダブル : 6.3kg
クイーン : 7.1kg
生産国中国専用工場本体:日本
インナーカバー:中国
保証内容品質保証(1年、レビュー投稿で18ヶ月)品質保証(1年)、返品保証(60日間)
復元率99.1%95%

▼GOKUMINマットレス三つ折りタイプ10cmはこちら

>>>GOKUMINマットレス三つ折りタイプの口コミや詳しい機能はこの記事でご紹介しています

▼トゥルースリーパープレミアリッチ(マットレス、掛け布団、ピローのセット)はこちら

>>>トゥルースリーパープレミアリッチの口コミや詳しい機能についてはこの記事でご紹介しています

GOKUMINとトゥルースリーパーマットレス共通の機能や特徴

ここからは、GOKUMINとトゥルースリーパーマットレスの共通の機能や特徴についてお話ししますね♪

お手入れ方法

GOKUMINとトゥルースリーパーマットレスはどちらも、マットレス本体の洗濯は不可です

どちらの素材も、素材は水気・直射日光を嫌いますので、洗濯(洗濯機・手洗い・脱水機、乾燥機・クリーニング)は避けてくださいね。

定期的に、直射日光を避けて、日陰干しをおこなってください。

なお、カバーは洗濯OKです。

安全面

GOKUMINマットレスは、

  1. 低ホルムアルデヒド仕様
  2. 第三者委員会で品質・安全性を確認済み
  3. 国際規格に適合した生産工場

を徹底しています。

トゥルースリーパーは、国内で徹底した品質管理のもと製造しています。

安心・安全の日本製です。

トゥルースリーパープレミアリッチは、16万回の圧縮テストに合格した信頼の品質です。

さらに、抗菌・防カビ・防ダニ仕様なので、安心で、快適に眠れます^^

どちらも安心材料になるね^^

以上、GOKUMINとトゥルースリーパーマットレスの共通の特徴についてご紹介しました♪

GOKUMINとトゥルースリーパーのマットレスの違いの比較まとめ

以上、GOKUMINとトゥルースリーパーマットレスの違いを6つご紹介しました^^

違いはこの6つでしたね。

  • ウレタンがやや硬めか低反発か
  • 復元率
  • 保証内容
  • 厚み
  • 付属品
  • サイズ・重さ

GOKUMINとトゥルースリーパーは、どちらも二層構造のマットレスです。

大きく違うのは、「GOKUMINはやや硬め、トゥルースリーパーは柔らかめ」という点です。

他にも細かく違いはありますが、大きな違いはこの点になるかと思います。

どちらも、多数マットレスの種類がありますので、覗いてみてくださいね。

今回ご紹介したものは、どちらもとても人気みたいですよ^^

最後までお読みいただきありがとうございます^^

▼GOKUMINマットレス三つ折りタイプ10cmはこちら

>>>GOKUMINマットレス三つ折りタイプの口コミや詳しい機能はこの記事でご紹介しています

▼トゥルースリーパープレミアリッチ(マットレス、掛け布団、ピローのセット)はこちら

>>>トゥルースリーパープレミアリッチの口コミや詳しい機能についてはこの記事でご紹介しています

タイトルとURLをコピーしました